ブログ

ソーラーパネルの発電量と蓄電により使える電気量

ソーラーパネルの発電量と使える電気製品の時間について

 

● ソーラーパネルは、どのくらい発電するの?

日本の日照平均時間 約3.3時間/日(季節・地域・天候により変わりますのでご注意下さい)

ソーラーパネルの出力 × 1日の日照時間 = 1日の発電量

1日の発電量 × 充電日数 = 合計発電量

 

● ソーラーで発電した電気は、どのくらい蓄電できるの?

発電損失を15%程度と仮定

ソーラーパネルの合計発電量 ÷ 1.15 = 実質発電量

 

充電損失を20%程度と仮定

実質発電量 ÷ 1.2 = 実質蓄電量

 

● どのくらいでバッテリーをフル充電にできるの?

充電したいバッテリー容量 ÷ 一日の実質蓄電量 = フル充電必要日数

 

● バッテリーに蓄えた電気は、どのくらい使えるの?(直流)

バッテリー容量 × バッテリー損失 0.8 程度 = 利用可能バッテリー容量

 

● バッテリーに蓄えた電気は、どのくらい使えるの?(交流)

バッテリー容量 × バッテリー損失 0.8 程度 × 変換ロス 0.85 程度 = 利用可能バッテリー容量

 

*上記に用いているロスなどの数値や係数は一般的な数値であり状況や危機により異なりますのでご注意ください。

 

 [充電用オフグリッド太陽光発電の豆知識]の一覧表に戻る

関連記事

TEL 048-813-3150

電話・メールからも、ご注文・お問い合わせ頂けます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る