ブログ

オフグリッド太陽光発電の機器を選ぶ基準

オフグリッド太陽光発電の機器を選ぶ基準

 

○は必須です。

————————————————————————-

○ 希望の電気製品種類 (例えば、パソコン・蛍光灯・換気扇など)

○ 直流 12V or 交流 100V or 他

○ 各機器の起動電力 : W

○ 各機器の消費電力 : W

○ 各電気製品の使用時間(電気製品を使用する1日当りの時間、または月・週)各製品についての概算  :  _時間

複数の電気製品を利用する場合は上記をコピーください。

○ 機器の消費電力の合計 : W

○ 機器の起動電力の合計 : W

○ ご予算 : 0~1万円、~10万円、~50万円、~100万円、~300万円、~600万円、600万1円以上、その他 ○○○円

○ お客様希望の無日照日数(通常3~7日、バッテリーに蓄えた電気で何日間使用するか)  :  _日

無日照日数とは、雨の日や曇では発電しないソーラー発電を有効に利用するためのお客様のご希望です。(地区ごとの平均日照時間ではありません)ソーラーパネルが発電しない日は、放電のみになるため予備の充電をする分です。たとえば、本日が晴れで、明日・明後日が雨の場合は発電しませんので本日で明日と明後日の3日分を一日で充電することです。2日連続して雨でもソーラーシステムを使いたい場合(蓄電した電気で利用)は、無日照日数3日となります。一般的な利用では、3~7日を不日照にする場合が多いです。これは、3~7日、雨が続いても利用できるシステムです。山小屋などの場合は、稀に30日ほど設定する場合もありますが、無日照日数が多くなると、ソーラーシステムに使う部品も多くなり金額も増えます。例えば、無日照日数が3日の場合は、無日照日数1日の3倍の部品が必要になり大きなソーラーシステムになります。

 

今日 明日 あさって しあさって

晴れ



晴れ

例えば↑のような天気の場合は3日分の電気を1日で蓄えることになるので、無日照日数は3日になります。

○ 連続利用日数  :_日(1回)

○ 利用頻度  :  _日に1回、月(30日)に1回、週(7日)に1回

○ 設置する場所(屋根・車・船など)

 

 

 [充電用オフグリッド太陽光発電の豆知識]の一覧表に戻る

関連記事

TEL 048-813-3150

電話・メールからも、ご注文・お問い合わせ頂けます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る